OPEN iT特集FEATURE

特集2017/02/24

1人で抱え込む前に – 横浜市の不登校、引きこもり支援団体、支援センター

2016年、不登校の子どもたちは全国に12万人以上いると発表されました。

この数は過去最多で、中学生の35人1人が不登校状態にあるという計算です。

 

 

 

学校に行けなくなる理由は子どもによってさまざま。

ただやみくもに行けと言うだけでは根本的な解決になりません。

 

子どもたちは、学校に行けない自分自身を責め、傷付いています。

子どもたちの回復には家族はもちろん、周囲の大人たちの理解やサポートがとても重要になってきます。

 

今回は、神奈川県横浜市で不登校や引きこもりの子どもたちをサポートしているNPO団体を3つご紹介します。

数ある中で学習支援や自立支援、親向けの会など幅広く支援している団体をメインにピックアップしました。

 

 

横浜市の不登校、引きこもり支援NPO団体

 

 

・NPO法人くじらぐも

障害の有無に関わらず、生きづらさを抱える親子やその関係者に支援を行っているNPO法人。

日常の相談や就労支援、自立支援、親の会や家族の会のイベント開催なども行っています。

フリースペースも開放しています。

 

<NPO法人くじらぐも>

〒221-0045 神奈川県横浜市神奈川区神奈川2-14-1 東神奈川ダイヤモンドマンション206

045-442-2236(電話番号)

http://kujiragumo.org

 

・NPO法人リロード

社会的引きこもりやニート、何らかの生きづらさを感じている15歳以上の青少年とその家族を対象に、居場所の構築や自立支援活動を行っています。

神奈川県内に青少年支援のネットワークを築くことにも積極的で、会報の発行やフォーラムの開催も積極的に行っています。

 

<NPO法人リロード>

〒240-0003 神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1-30-17 よこはま西部ユースプラザ

045-442-2236(電話番号)

http://reroad.jp/

 

・NPO法人コロンブスアカデミー

不登校や引きこもり、家庭内暴力に悩む親子の支援を行っています。

乳幼児から40歳過ぎまでが対象で、幅広い年齢の人々の生きづらさを無くすため奮闘しています。

義務教育終了後の青少年を対象とした自立自助ホーム(寮)でのサポートも行っています。

 

<NPO法人コロンブスアカデミー>

〒235-0005 神奈川県横浜市磯子区東町9-9

045-761-0167(電話番号)

http://npocolumbus.or.jp/

 

横浜市のNPO法人は神奈川県の公式サイトでも紹介されています。

http://www.pref.kanagawa.jp/

 

すべての子どもたちが生きづらさから解放されるように。

OPENiTでは今後も、各地のこうした支援団体やNPO法人を紹介していきます。

FOLLOW US

OPENiTは多彩な生き方を紹介する
コンテンツが詰まったWEBマガジンです。
今すぐフォローして最新情報を友達にもシェアしよう!

おすすめ記事

記事をもっと見る

一覧に戻る

最新記事 NEW

  • 最新記事

フォローしよう!

FOLLOW US

  • line
  • twitter
  • facebook