21世紀あれこれ雑学TRIVIA

生物2017/11/13

世界最小の鳥「ハチドリ」の驚くべき消費カロリー!1万5000kcalって本当?

ハチドリの「ハチ」は蜂の音

ハチドリは、アメリカ南西部からアルゼンチン北部にかけて生息する鳥です。
約330種類いるといわれるハチドリは、最も小さいもので体長6cm、体重2g弱の「世界最小の鳥」。すずめの約半分の大きさだそう。

ハチドリは「ホバリング」と呼ばれる空中で静止する独特の飛び方をします。
そのときの「ブンブン」という羽音が蜂の飛ぶ音に似ていることから、「ハチドリ」と命名されました。

ハチドリの英語名は「Hummingbird(ハミングバード)」。「Hum」は英語で蜂の音を表すそうです。

そんなハチドリですが、小さな体に似合わず1日の消費カロリーが非常に高いそう。
今回はハチドリに関する雑学をご紹介します!

ハチドリの1日の消費カロリーは1万5000kcal?

ハチドリは毎秒約55回、最高で80回以上も羽ばたきます。
主食である花の蜜を摂取するときもホバリングをしているので、ハチドリは羽を休めることがほとんどありません。
足は退化し、木の枝にとまることはあっても歩くことはできないのだとか。

1日のほとんどの時間羽を動かしているため、ハチドリは消費カロリーが非常に高いです。
一説では人間の約4倍である1万5000kcalにもなるといわれています。

…しかし、世界最小の鳥が本当に1万kcal以上も消費するのでしょうか?
1日中飛んでいたとしても、とんでもない数字です。

1万5000kcal説の真実

実は、ハチドリの消費カロリーでよく挙げられる「1万5000kcal」という数字は、ハチドリの体重を人間の体重に換算した場合の数字であって、実際にハチドリが消費しているカロリーではないのです。

ハチドリが1日に消費するカロリーは、約35kcal~40kcalといわれています。
1番重くても20gというハチドリの体重を考えると、40kcalでもかなり消費していますね。

残念ながら野生のハチドリは日本では確認されていませんが、ハチドリを飼育している動物園もあります。
世界最小の鳥、1度は生で見てみたいですね!

FOLLOW US

OPENiTは多彩な生き方を紹介する
コンテンツが詰まったWEBマガジンです。
今すぐフォローして最新情報を友達にもシェアしよう!

おすすめ記事

記事をもっと見る

一覧に戻る

最新記事 NEW

  • 最新記事

フォローしよう!

FOLLOW US

  • line
  • twitter
  • facebook