21世紀あれこれ雑学TRIVIA

地理2017/08/24

奇妙に曲がった木々… ポーランドの森「クシュヴィ・ラスKrzywy Las」の謎

ポーランドに存在する「クシュヴィ・ラスKrzywy Las」

根本から不自然にグニャリと曲がったこれらの木々。
一見CGに見えますが、実は実在する森で撮られたものなのです。

この不思議な光景が見られるのはポーランド西部にある都市「シュチェチン」。
シュチェチンのさらに西側、ドイツとの国境付近にある町「グリフィノ」の中に、この不可思議な森はあります。

森の名前は「クシュヴィ・ラスKrzywy las」。現地の言葉で『ゆがんだ森』という意味だそうです。

今回は世界の珍名所の1つ、「クシュヴィ・ラス」についてご紹介します。

自然現象?人為的?

クシュヴィ・ラスでは、0.3ヘクタール3000㎡の範囲にこうした曲がった木々が規則的に並んでいます。
その数はなんと400本。すべてが北の方向を向いて曲がっています。

木々はそれぞれ約1012mと高く、まるでファンタジーの世界に迷い込んだような、なんとも不思議な光景をつくり出しています。

クシュヴィ・ラスのこれらの歪んだ木々は自然現象で生まれたものではなく、人為的につくられたものなのだそう。

グリフィノの公式HPによれば、木々が植えられたのは1934年。今から83年前です。

肝心の「なぜ曲げられたのか」という理由には諸説あり、

・船の材料として使うため
船は左右が丸くカーブしているので、それに合わせた

・若木の時期にソ連の戦車に踏みつけられた
第二次世界大戦の影響

・曲がり木を使った家具をつくるため

などがまことしやかに語られています。

真相は謎のまま…

とはいえ、誰が何のために木を曲げたのか、真相はまだ分かっていません。
重力の異常によるためだとか、激しい吹雪によるものだとかいう説もあるそう。

謎が謎を呼び、クシュヴィ・ラスは人気の観光地として毎年多くの人々が訪れています。

皆さんもぜひ一度、生でミステリアスな森を見てみませんか

FOLLOW US

OPENiTは多彩な生き方を紹介する
コンテンツが詰まったWEBマガジンです。
今すぐフォローして最新情報を友達にもシェアしよう!

おすすめ記事

記事をもっと見る

一覧に戻る

最新記事 NEW

  • 最新記事

フォローしよう!

FOLLOW US

  • line
  • twitter
  • facebook