21世紀あれこれ雑学TRIVIA

地理2017/11/2

世界で一番寒い村、ロシアのオイミャコンの仰天トリビア!

ロシア連邦、サハ共和国の小さな村

皆さんは、「オイミャコン」という村を知っていますか?
オイミャコンはロシア連邦を構成する共和国のひとつ、サハ共和国にある人口約500人の小さな村です。

オイミャコンは北極圏のわずか南に位置し、「世界で一番寒い村」として有名です。
地球上で人間が定住する場所として、最も寒いところなのだとか。
オイミャコンの冬の平均気温は…なんと-50℃!

そんなオイミャコンの日常は、わたしたちにとって驚くものばかり。
今回は、そんなオイミャコンの仰天トリビアをご紹介します!

「世界で一番寒い村」の6つのトリビア

●オイミャコンの記録されている最低気温は、-71.2℃
1926年1月26日に記録された-71.2℃という驚異の気温は、「北半球で最も寒い地」としてギネスに認定されています。
ちなみに、いまでも破られていません。

●オイミャコンは1年の半分以上が冬
オイミャコンの冬は8ヶ月以上続き、夏はわずか3ヶ月ほど。
毎年9月頃から雪が降り始め、翌年の5月にやっととけるのだとか。

●夏は意外にも暑い
非常に短いですが、オイミャコンにも夏はあります。
夏は気温が平均30℃まで上がります。意外と暑いですよね。

●ありとあらゆるものが凍る
洗濯物はもちろん一瞬で凍るのですぐ乾き、釣った魚はその場で凍り、薄いビニールは一瞬で凍ってバラバラになります。
水道管も凍るので、冬は基本的に給水車から水をもらうそう。

●意外にも川は凍らない
オイミャコンには天然の温水があるため、意外にも川は凍らないのだとか。
オイミャコンという名前は現地の言葉で「不凍の水」という意味だそうです。

●ウイルスが凍るため病気が少ない
オイミャコンでは、気温が低すぎてウイルスが生きていくことができません。
そのため病気が少なく、「長寿の村」として知られています。

オイミャコンに旅行することはできるの?

「世界一寒い村」と聞くと、1度は訪れてみたくなりますね。
ロシア専門の旅行店をはじめ、さまざまなところでオイミャコンへの旅行ツアーが組まれています。

オイミャコンは林業と観光業で成り立っていることもあり、世界中から観光客が訪れるようです。

なかなか想像できない、-50℃の極寒の生活。
気になる方は、ぜひ1度訪れてみてはいかがでしょうか?

FOLLOW US

OPENiTは多彩な生き方を紹介する
コンテンツが詰まったWEBマガジンです。
今すぐフォローして最新情報を友達にもシェアしよう!

おすすめ記事

記事をもっと見る

一覧に戻る

最新記事 NEW

  • 最新記事

フォローしよう!

FOLLOW US

  • line
  • twitter
  • facebook