21世紀あれこれ雑学TRIVIA

日本史2017/03/10

セットで覚える!平安時代の女流作家、紫式部と清少納言

平安時代の二大女流作家、紫式部と清少納言

紫式部と清少納言は、平安時代の女流作家です。
それぞれの代表作『光源氏物語』と『枕草子』はどちらも有名ですね。

2人は同時期に宮中に仕えていましたが、お互いにほとんど面識がなかったそう。
今回は紫式部と清少納言、2人の特徴をそれぞれピックアップしてみます。

紫式部

名前:紫式部
「紫」→愛称
「式部」→位
紫式部の父(藤原為時)の位が式部だったので、「藤原さんの娘の紫さん」という意味があります。

生年:970年(諸説あり)

出身:越後(今の新潟付近)

性格:内向的で控えめ

仕えた相手:中宮彰子
彰子は第66代一条天皇の正妻で、藤原道長の娘です。
紫式部は彰子の使用人兼家庭教師として宮中に入りました。

代表作:光源氏物語

結婚:1回(藤原宣孝)

子ども:1人(藤原賢子)

没年:1014年(諸説あり)

道長と彰子は、実の親子でありながら度々対立していました。
彰子側についていた紫式部はやがて道長から疎まれるように。
1013年に宮中から追い出されると、紫式部は父のもとで暮らし、1014年に亡くなりました。

清少納言

名前:清少納言
「清」→あだ名
「少納言」→位
清少納言の苗字が「清原」だったので、「清原さんの娘さん」という意味があります。

生年:966年(諸説あり)

出身:東北地方

性格:外交的で活発

仕えた相手:中宮定子
定子は第66代一条天皇の正妻で(彰子と同じ)、藤原道隆の娘です。
定子は彰子のいとこにあたります。
清少納言は定子の使用人兼家庭教師として宮中に入りました。

代表作:枕草子

結婚:2回(橘則光、藤原棟世)

子ども:2人(橘則長、小馬命婦)

没年:1025年(諸説あり)

清少納言が仕えていた定子が1000年に出産が原因で亡くなると、清少納言は宮中から退出。
晩年は尼として京都府の泉涌寺で暮らし、1025年に亡くなりました。

紫式部と清少納言、2人の才女

宮中退出後の2人の晩年は静かなものでした。
平安時代は女性に関する記述が少なく、2人の引退後の生活を記録した史料もほとんどありません。

内向的な紫式部と外交的な清少納言は対照的ですが、類まれなる才能を持っていた点は共通していると言えますね。

FOLLOW US

OPENiTは多彩な生き方を紹介する
コンテンツが詰まったWEBマガジンです。
今すぐフォローして最新情報を友達にもシェアしよう!

おすすめ記事

記事をもっと見る

一覧に戻る

最新記事 NEW

  • 最新記事

フォローしよう!

FOLLOW US

  • line
  • twitter
  • facebook