21世紀あれこれ雑学TRIVIA

世界史2017/06/12

イタリアのローマにはピラミッドがある?

ピラミッドといえばエジプトのクフ王のイメージですが…

「ピラミッド」といえば、エジプトの有名な観光名所です。
古代エジプト時代と呼ばれる紀元前27世紀、ギザという地域にファラオとして君臨したクフ王のものをはじめとする数多くのピラミッドが建設されました。

「ピラミッドは王の墓としてつくられた」というのが定説ですが、実はこれは一説に過ぎず、いまだに何のためにつくられたのか正確には分かっていません。

50階建てのビルほどの高さがあるというピラミッド。
当時の技術でどうやって建設されたのかもはっきりとせず、謎は深まるばかりです。

さて、そんなピラミッドですが、はるか離れたイタリアのローマにも存在するって、皆さんご存知ですか?

ローマのピラミッドは、一体いつ頃、誰が何のためにつくったのでしょうか。

中世のローマに沸き起こったピラミッドブーム

(実際のピラミッド)

イタリアのローマに現存するピラミッドは、今から約2030年前に建てられたもの。

古代ローマ時代、ローマ軍はイタリア半島を統一し、地中海に向かってさらに勢力を広げていきました。

紀元前264年~紀元前146年まで3回にわたってカルタゴ(現在のチュニジア)と戦った「ポエニ戦争」では、カルタゴ側の名将ハンニバルに苦戦しながらもローマは勝利。
アフリカへと支配を広げていきます。

紀元前30年に、クレオパトラ率いる最後のエジプト王朝がローマ軍に滅ぼされます。

この時、エジプトでピラミッドを初めて見たローマ軍の間でその独特の魅力が話題になり、それからしばらくローマではピラミッドを自分のお墓にするブームが起こりました。

現在残っているローマのピラミッドもその時代につくられたものだそう。
古代ローマの執政官、ガイウス ケスティウス・エプロが自身のお墓として建てました。

執政官といえば古代ローマにおいて最高の官職だったそうなので、ブームといってもやはり権力のある人しか建てることができなかったようです。

ピラミッドのブームは去ったものの…

その後ブームは去り、ローマのピラミッドの多くは壊されてしまいます。

しかしガイウス ケスティウス・エプロのピラミッドは270年頃にローマ周辺に建てられた城壁の一部に組み込まれたため、奇跡的に取り壊されることなく残りました。

現在ローマに残るピラミッドはガイウス ケスティウス・エプロのものただ1つ。
偶然の出来事とはいえ、ラッキーでしたね。

2000年以上経ち表面は汚れてしまっているものの、現在はローマの観光名所として観光客や地元民に愛されています。

皆さんもローマに訪れた際はぜひ見てみてください。

FOLLOW US

OPENiTは多彩な生き方を紹介する
コンテンツが詰まったWEBマガジンです。
今すぐフォローして最新情報を友達にもシェアしよう!

おすすめ記事

記事をもっと見る

一覧に戻る

最新記事 NEW

  • 最新記事

フォローしよう!

FOLLOW US

  • line
  • twitter
  • facebook