21世紀あれこれ雑学TRIVIA

世界史2017/07/14

「ビキニ」の由来は原爆実験にあり?7月5日はビキニの日

夏といえば海。海といえばビキニ

7月に入り、真夏日が続きます。
こう暑い日ばかりだと、海に行きたくなりますよね。
海といえばビキニ。流行のおしゃれな水着を着ると、気分も上がります。

ところで皆さんは、毎年7月5日が「ビキニの日」だということをご存知ですか

今から約70年前の1946年7月5日、フランス人ファッションデザイナーのルイ・レアールが世界で初めて2ピースの水着、「ビキニ」を発表しました。
その出来事にちなんでできたのが「ビキニの日」なのです。

しかし、そもそもなぜ「ビキニ」という名前がついたのでしょうか

今回は、そんなビキニの由来をご紹介します。

ビキニ諸島で行われた原爆実験がきっかけ

「ビキニ」命名のきっかけは、1946年7月1日に太平洋のビキニ諸島で行われた原爆実験にあります。

当時、露出度の高いツーピースの水着は人々に衝撃を与えました。
ルイ・レアールはその衝撃を原爆実験に例えて、環礁の名前である「ビキニ」と命名したのです。

マーシャル諸島にあるビキニ環礁では、1958年までに計67回もの原爆、水爆実験が行われました。
付近は現在も高い放射線量を記録し、人が住める状態になっていません。

華やかなビキニの裏にある、戦争の歴史

青い海と華やかなビキニは、平和の象徴のように思えます。
その名前の由来に、戦争と深く関わっている原爆があるなんて驚きですね。

7月17日は「海の日」です。
戦火の不安なく海水浴を楽しめる平和に、感謝したいですね。

FOLLOW US

OPENiTは多彩な生き方を紹介する
コンテンツが詰まったWEBマガジンです。
今すぐフォローして最新情報を友達にもシェアしよう!

おすすめ記事

記事をもっと見る

一覧に戻る

最新記事 NEW

  • 最新記事

フォローしよう!

FOLLOW US

  • line
  • twitter
  • facebook